仕事

仕事は3年は続ける。その理由とは??

Pocket
LINEで送る

「仕事は3年は続けなさい」

この言葉は大人であれば必ず1回は聞いたことがあると思います。

そのとおりにしている人もいれば
「そんなの昔の古い考えだ!!」と反対している人もいますよね。

僕も転職は3回していますが自分が体験した感想も含めて
仕事は3年について考えていきたいと思います!!

何故仕事は3年続けろと言われるのか

 

そもそも何故「3年」なのか気になるところですよね。
1年でもなしに4年でもない...
その訳とは何なんでしょうか?

仕事を覚えるのに3年は最低でもかかる

仕事を始めて1日、1週間で
仕事のスキルが身につくでしょうか?
AIでもない限り答えはNOですよね!!
仕事に限った事ではないですが
世の中の技術というのは数日で
身につくものではありません

その技術が身につくのが3年
という基準が世の中に浸透しているようです。

正直スキルや仕事の内容、
個人の要領、才能で
期間は大きく変わっていくものだと
僕は思っています。
逆に3年すればそのスキルが
必ず身につくという事でもありません。

自分の中で3年という月日を
基準の参考にするのは良いですが
「絶対3年!!」と決めつけないように
気をつけたいものです。

どんな仕事でも3年はしないと忍耐力が身につかない

忍耐力
というのは日本人が大好きな言葉の一つです。

「石の上にも3年」
これは耳にタコができるくらい
皆さん聞く言葉だと思います。

3年耐えられないなら
どんな会社でもやっていけない!!
そう周りから1回は言われた、
聞いたことありますよね!!

さっき記述した理由と同じように
何事も3年はかかる
だから3年は仕事は耐えるべき
そういった意味があるのでしょうね。

「3」という数字に意味が??

「仏の顔も3度まで」
「2度あることは3度ある」
「早起きは三文の得」
「三日坊主」

このように「3」という数字が使われている
日本の言葉が多数あります。

そもそも「3」という数字は
日本人にとって好まれる数字で
例えば「早起きは三文の得」という言葉。

この三文という数字が
一文だったら早起きしないし
四文だった多すぎる
と日本人はなりやすいようです。

トマトマン
個人差ありまくりな情報ですけどね

このように「3」の数字が
使われやすい、親しみやすい

という理由からも
「仕事は3年は続ける」
の言葉が構成されているのではないかと思います!!

「仕事を3年続ける」に対しての世間の声

肯定の意見

否定の意見

仕事を3年続けるメリット、デメリット

メリット

仕事のスキルが身につく

先程も書いた通り3年という時間に関わらず
仕事は長く続ければ続けるほど
スキルが身につきます。

3年続けたならば
その会社、部署の仕事の大体は
把握できるくらいになっているはずです。

一つの自信になる

3年という目標を立てて
それを達成出来たのなら
目標を達成できた!!
自分は決めた事をしっかりできた!!
と、一つの自信になります。
何事もそうですが目標を決め、
達成した時に気持ちは
心地が良いものですよね。
自分への自信、人生において大切な要素を
得る事が出来ます!!

デメリット

時間を無駄にする可能性がある

例えば3年辛抱し、転職したとして
その転職場所が
天国のような職場だったらどうでしょう?

辛抱した3年って無駄に感じますよね。
そしてその3年という月日は
自分の為になっているのでしょうか。

「とりあえず3年は頑張る」
というのは一見素晴らしい目標にも聞こえますが
上記のパターンのように時間を無駄をしてしまうことも
ありますので充分注意して下さい。

お金は取り戻す事は出来ますが
時間は取り戻す事は不可能です。

セロリマン
時は金なり

時間の浪費だけは絶対避けましょう!!

3年は「続ける」のか「我慢」するのか

これは個人的な意見ですが
3年今の仕事に「耐える」
と思っているのであれば
それはすぐに会社をやめるべきです!!

「続ける」という目標ならまだマシですが
「耐える」となっているならすぐに!! です。

3年耐えたところで職場の環境なんて変わりません。
上司も変わらないし
3年では出世も会社というシステムの中では難しいです。

そもそも「耐える」という心持ちで
良いパフォーマンスができるでしょうか??

断言しますが
そんな気持ちではいい仕事は出来ないし
楽しめていない分精神的な疲れは大きいし
結果身体もしんどいです。

そんな状態をあなたは望んでいないはず。

「耐える」となった時点で
会社をやめる準備をしましょう!!

時間を無駄にしますよ。

3年にこだわる必要はなし!!

仕事を〇年続ける!!
という目標をたてるなら3年でなく
1年くらいにした方がおすすめです。

3年という時間は世の中の
根拠のない数字です。

それならまずは1年、もしくは半年でも良いと思います。
目標は小刻みにした方が達成しやすいですし
プレッシャーも少ないです。

もし3年というのにこだわりたいのであれば
3年で何をするか
というのを目標にしましょう!!

「3年で〇〇まで出世する」
「3年で○件の案件をゲットする」 など

「3年で会社の全員と仲良くなる」
とかでも良いと思います。

また極端な例だね
トマトマン

このように3年という時間で
自分は何をするのか、何を生み出すのか

3年という時間よりもそっちの方が
何倍も大事です。

漠然と3年続けるというのは避けてくださいね。

まとめ

  • 仕事を3年続けるというのは
    時代と共に衰退している
  • 3年続けてデメリットばかりではない
  • 自分が時間を無駄にしない為にどうするかを考える
  • 3年という時間より
    3年で何をするかという目標をたてよう
  • 耐えるとなった時点で続ける必要はなし

僕は
4年半→3年半→1ヶ月→現在
と転職経験がありますが
3年以上続けて良かったと思うことも
結構多いです。

1番良かった事は2つ目の
3年半続けた会社ですが
続けたおかげで出会いがあり結婚できました。

レモンマン
続けたことで出会いがあったんだね

逆に1ヶ月で辞めた会社は本当にすぐに
辞めて良かったと今も思っています。

本当に人生は何がおこるかわかりませんが
その時その時の自分にとってストレスのない
明るい未来が見える選択をしていって下さい!!

そこには3年なんて数字は気にせずに!!

セロリマン
ポチってくれたら励みになります!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

-仕事