仕事

仕事を取られたくない上司。そんな上司は放っておこう。

Pocket
LINEで送る

 

新しい仕事を覚えたいのに上司が教えてくれない。

 

そんな状況に悩んでいませんか?

 

  • 新しい仕事を覚えたい
  • 早く次のステップに進みたい
  • 向上心が高まっている

なのに上司は仕事を教えるどころか関わりもしない。

 

そんな上司は個配に仕事を取られるのを怖がっている可能性があります。

こっちのやる気が奪われてしまいますよね。

 

今回は「仕事を取られたくない上司」について記事を書いていこうかと思います!

関わったらその分時間を無駄にします

ポイント

基本的に仕事を取られたくないから後輩に仕事を教えない上司には関わった分だけ時間を無駄にします。

変に対抗心を燃やさずにさっさと別の上司に仕事を教えてもらいましょう。

 

教えてくれない事に腹をたててその上司に対して頭と時間を使っているようではこの先同僚やあなたの後輩にすぐに差をつけられますよ。

 

自分の立場だけが大事な上司は放っておいて、別の人から仕事を学び成長しましょう。

どのみち仕事を教えたくないような上司なんて簡単に追い越すことができますよ!

仕事を取られたくない上司の特徴

さて、自分の立場が何より大事で後輩に仕事を教えないような人はどんな特徴があるのでしょうか?

以下の特徴に当てはまっていることが多いです

  • サボり癖がある
  • 向上心がない
  • 上にはヘコヘコする
  • 後輩に対してはプライドが高い

ひとつずつ関連付けて説明していきますね。

サボり癖がある

仕事を取られたくない上司は自分が仕事をしていない、すなわち成長しようとしていないため後輩に追い越されることが多くなります。

そのくせ追い越されることにはイライラするんです。

 

後輩が進んでいるのに自分は止まっているから当たり前なんですけどね(笑)

 

ちなみに

自分はサボる癖に周りがサボると気になる

というのも大きな特徴のひとつです。

向上心がない

ポイント

仕事を取られたくない上司は向上心がなく新しい仕事を覚えたがりません。

だからこそ自分のできる仕事を取られるのが怖いのです。

 

仕事を後輩に教えて取られれば自分が新しい仕事を覚えなくてはいけません。

それが億劫(おっくう)なのですね。

 

なんとも身勝手な話(笑)

上にはヘコヘコする

仕事を取られたくない人は自分より上の人間に対して常によく見られようとします。

なので後輩のあなたにどれだけ迷惑をかけようが上司にはヘコヘコするんです。

 

どんなことがあろうが自分の評価が第一。

 

仕事を後輩に取られると自分の評価が下がってしまう。

もしくは手柄をたてる機会が減ってしまうのを怖がっているのです。

後輩に対してはプライドが高い

注意ポイント

自分より上の立場の人にはヘコヘコするのに、後輩に対してはものすごくプライドが高いのも一つの大きな特徴です。

後輩が自分より仕事ができるようになったり、上からの評価が自分より上になったりすることを嫌がります。

 

そのため、後輩に仕事を教えようとしません。

意地でも「俺が先輩だから偉い!仕事もできる!」というマウントを取っておきたくて仕方ないのです!

 

北斗の拳のジャギみたい性格と思ってもらえれば(笑)

あなたの向上心は潰してはいけないものです!

新しい仕事を覚えたいのに上司が仕事を教えてくれない。

注意

だから新しい仕事は覚えなくていいんだ という考えにだけはならないように注意して下さい。

あなたが新しい仕事を覚えたいという向上心は会社のため、なにより自分のために何より大事なものです。

 

その向上心を潰すような上司にどうか負けないで下さい!

まとめ

どこの職場にもケチくさい小心者の上司はいるものです。

 

今回の「仕事を取られたくない上司」というのもその上司のひとつのパターンといえるでしょう。

仕事を教えてくれない上司の相手にしているとあなたの時間が奪われていきます。

短期間で覚えられたであろう仕事も長時間かかる可能性もあります。

 

仕事を教えたがらない上司は放っておいて自分の力になってくれる他の上司に仕事を教えてもらいましょう。

 

何回も繰り返しますが自分の力になってくれない上司には関わらないで下さい!

あなたの大切な時間を無駄にすることになりますので。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-仕事