仕事

転職で出戻りはありかなしか。体験を踏まえて考察します。

Pocket
LINEで送る

前の会社に出戻り転職を考えているんだけど大丈夫かな?

転職活動をする上で以前働いていた職場に戻りたいと感じる人は大勢います。

 

僕もその一人で、実際に出戻り転職を経験しました。

現在は出戻りした会社でぼちぼち楽しく仕事を送っている毎日。

 

それでは、出戻り転職はありなのかなしなのか。

ポイント

結論として「自分に合っていればあり」です。

 

いくつか出戻り転職には成功する条件があります!

この記事ではその条件とメリットやデメリットを紹介していきますね!

出戻り転職をして成功を掴む人

出戻り転職では成功する人、失敗する人のパターンがあります。

まずは成功する人から紹介!

社長や社員と辞めた後も交流がある人

まず出戻り転職するためには、会社にいる誰かと連絡を取っている方が断然成功しやすいです!

なぜかと言いますと会社内に仲の良い人がいるほうが転職の時に話がスムーズになりますし、何よりその連絡を取っている人が色々と手引をしてくれることもあります。

 

交流のある人が社長や取締役くらいの人だったらなお良い!

 

ただ、出戻りが決まった後に今まで交流がなかったのに連絡を取り出すと明らかに怪しいし、ちょっと気持ち悪いのでやめておきましょう笑

あくまで常に交流がある人という話です。

退職前に実績と信頼を残した人

出戻り転職する会社であなたが色んな実績や信頼を築いた人物なら転職の時も転職後も仕事がうまくいきます。

 

ここ大事

採用する会社からすれば実績を残した人材と全くの新しい人材なら、前者の方が採用したいものです。

 

ましてや一回働いたことがあるので新人、中途採用の教育の必要がなく会社としては良いことづくし!

あなたが出戻りしたい会社で活躍した人材ならば自信を持って転職しましょう。

円満退職した人

大前提なのであえて言わなくても大丈夫かも知れませんが退職する時に良いやめ方をしているかどうかは何より大事です。

 

メモ

辞める時にきちんと手順を踏み、上司と話し合い、引き継ぎもちゃんとして、円満退職をしましたか?

 

円満退職できていたのであれば出戻りしたいと言った時も会社側は心地よく迎えてくれますよ!

出戻り転職をして失敗する人

続いて出戻りで失敗する人の紹介です。

以下の3つにあてはまる方は出戻り転職はやめておいたほうが無難でしょう。

良いところしか見えていない人

今の会社が辛くて前の職場が恋しい、戻りたい。

 

その気持ちは痛いほどわかりますが前の職場の良いところしか見えてなくないですか?

 

出戻り転職を考える時はなぜ自分は一回辞めたのか。勤務していた時にどんなストレスがあったのかよく思い出してみましょう。

 

注意ポイント

良いところしか見えていないというのは理想と現実のギャップに心が疲れる可能性が高いです。

最悪鬱になるケースも。

 

自分の中で悪かったこともしっかりと受け入れるメンタルが整っていない場合は出戻りはオススメできません。

円満退職できなかった人

会社を辞めた時に円満退職できなかった人はまず会社から入社を断られます。

 

あなたが会社側の立場だったとして、突然辞められたり、喧嘩別れ、無理やり辞めるなど円満退職でなかった人材を再度入社させようと思いますか?

答えはもちろんNOですよね!

 

逆に円満退職できなかったのにまた戻りたいというのは少し身勝手過ぎます。

会社にも自分にとってもメリットはないので、円満退職は大前提となります。

実績も残さず勤務年数も少ない人

出戻り転職に限ったことではないですが、実績なし、勤務年数1年未満みたいな方は出戻り退職も厳しいです。

というより出戻り退職は「より」厳しい。

 

一度働いたことがあるということはあなたの事を会社側がよく知っているということです。

普通の転職であればまだマシなのですが、同じ会社となると実績と勤務年月が良くないというのはかなりのマイナスポイント。

 

面接などでよほど良い結果を残さなければ出戻りは厳しいです。

 

そんな努力をするなら他の職場を探した方が自分のためですよ。

出戻り転職のメリット

さて、次は出戻り転職のメリット・デメリットを紹介していきます!

まずはメリットから!

ヒーロー的な存在になれるかも!?

出戻りということは一度その職場で仕事をしているので、他の転職してきた人とは違い仕事の要領はだいたい知っているということになります。

ポイント

社員からすれば仕事の要領をわかっている人材が一人入ってくるというのは大助かりなんです。

 

しかもこのように人手が足りない職場だったらどうでしょう?

あなたはそこの社員にとって急に色んな仕事をしてくれるスーパーヒーローのような存在になります。

「ありがとう!」

「マジで助かる!」

「頼りになるね!」

と周りからチヤホヤされるのはすごく心地がよく仕事のやる気をどんどん上がっていくことでしょう。

 

しかし注意が必要です!

 

時間が経つとあなたはひとりの社員として会社に馴染んでいくことになりますよね。

そうすると最初のようなできる人材が入ってきて嬉しいという空気もなくなり次第にヒーロー扱いはされなくなっていきます。

 

チヤホヤは最初だけ

このことは絶対に忘れないようにしてくださいね!

客観的に自社を見ることができる

一度会社を離れたということは会社外での景色を見てきたということです。

これは出戻りで転職した人ならではのメリットといえるでしょう。

 

ポイント

一度外の世界を見たあなたは、会社の良いところや改善点や理念など、至るところに疑問をもち改善することができます。

ひとつの会社にいるずっといる人は絶対にできないこと。

 

客観的に会社を見ることで色んなことに気づき、考え、実行する。

そうするとあなただけの実績がどんどん積み上げることができます。

 

せっかく一回会社を辞めてゲットした客観的な視点をフルに使ってくださいね!

仕事がしやすい

転職というのは入社からしばらくは新しい仕事を覚えるのに毎日が忙しく、心身ともに疲れることとなります。

 

ですが何回も言っているように出戻り転職の場合は一度その会社仕事を経験しているわけですから新しいことを最初に覚える必要がありません。

 

以前していた仕事量まではさほどストレスを感じることはないでしょう。

 

しばらく続けた仕事というのは期間が開いてしまっても案外体が覚えているものです。

仕事がやりやすいというのは大きいメリットのひとつとなります!

出戻り転職のデメリット

続いてはデメリットです。

こおデメリットは必ず頭において出戻り転職を考えるようにしてください!

メリットばかり見えやすくなってしまいますので注意が必要です。

以前会社にいた時と同じストレスを感じる

出戻りする会社にいた時のことをよく思い出してみましょう。

大きいストレスを感じたことも多いはず。

 

注意

出戻りをするということは一度その大きなストレスから開放されたのにまた感じる環境に戻るということです。

 

嫌いな上司がいる

どうしてもやりたくない業務がある

そのストレスになにかしらの対策を考えていますか?

 

何も考えていなかったのならきちんと以前感じたストレスに対して自分は今回はどうするのか。

きちんと考えてから出戻りしてくださいね!

社員から嫌な目で見られることがある

出戻りをすべての人が歓迎してくれるのかと言えば答えはNOです。

中にはあなたが出戻りしてくることに不満がある人もいる可能性があるということをしっかり覚えておきましょう。

このように出戻りを良く思わない人も

 

もしかしたらいじめの対象になる可能性だってあります。

 

そういった人たちに認めてもらうためにも以前勤務していた頃よりも数倍がんばる気持ちを忘れないで下さい!

新しいスキルが身につきにくい

先程出戻り転職のメリットで「仕事がしやすい」というのを紹介しました。

が、これは裏を返せば新しい仕事を覚えないということです。

 

自分のスキルアップには繋がりにくいということです。

 

ただたに同じ仕事を永遠にしておきたいのなら別に構わないのですが、やはり新しい仕事がなというのはつまらないものです。

 

楽しくキャリアアップするにはしっかり新しいことや色んな視点からやっている仕事を見つめるようにしましょう!

一緒の仕事をダラダラするような人生は避けるようにしてくださいね。

まとめ

僕はバイト時代に一回、正社員として一回出戻り転職の経験があります。

 

現在勤めている会社は正社員で出戻り転職した会社です。

バイト時代は出戻りした人に冷たくあたる店長とケンカして辞めました。

 

今勤めている会社では外に出た経験を活かし、色んな仕事に手をつけてそこそこの会社からの信頼をいただいています。

 

出戻りの失敗パターンと成功パターンを両方経験し、まとめたのが今まで紹介させていただいた情報や考察です。

 

誰も失敗したくて転職をする人はいません。

出戻り転職も今よりいい人生うを送りたいと動いているはず。

 

しっかりメリット・デメリットを把握して自分が出戻り転職に合っているか、よく考えて良い未来へ進みましょう!!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-仕事