仕事

上司からいじられるのが辛い。これっていじめじゃないの?

Pocket
LINEで送る

上司からのいじりが辛いと思ったことはありませんか?

会社員をやっていると上司との付き合いには悩まされてしまいますよね。

 

人間関係というのはどこの職場でも楽しい仕事の時間を送る為の大事な要素で、良好であることに悪いことはありません。

でも上司は良好と思っていても部下は良好と思っていないことが多くあるのです。

 

それが今回の上司からのいじり問題です。

 

この記事ではそんな上司からのいじりについて解説していきたいと思います!

あなたが辛いのならいじめです。

ポイント

結論から言いますと上司からのいじりがあなたがしんどい、傷ついた、辛いと感じたならばそれはいじめです。

会社に限ったことではないですがいじめやパワハラというのは受けている側の気持ちが重要。

あなたが本当にもう耐えられない、そう感じているならばこの記事は読まずに転職なり報告なりの行動を今すぐしてください!

 

心を病んでしまって取り返しのつかないことになってはいけませんからね。

 

それではここから先はいじるいじられる人の特徴について見ていきましょう!

上司からいじられやすい人の特徴

いじられ体質という言葉を耳にしたことありますか?

いじられるというのはいじられる側にも原因があるものです。

そのいじられやすい人の特徴を紹介していきます!

周りに合わすことの多い人

  • 自分を押し殺して、周りの意見に流されてはいませんか?
  • もしくは自分で考えるのがめんどくさくて周りに意見に乗っかるだけの人間になってはいませんか?

 

周りに意見を合わせることばかりしていると上司から

あ、こいつは自分で意見を持っていないな

と思われてより弱い人と認識するようになります。

 

そうするとストレス発散や笑いの道具として使っても「反論してこないな」

といじるようになってきます。

要は「なめられる」ということ。

 

なめられない為にも、周りに合わせることも大切なことですが、自分の意見はしっかりと持っておいて意見を言うべきところでは必ず意思表示するようにしてくださいね!

怒ることがなく何を言われても我慢する人

いじるというのはいじめと紙一重。

 

やはりいじる側の上司も反抗されるのは避けたいところ。

と、なると必然的に何を言っても怒らない部下をいじるようになります。

 

こいつは何を言っても怒らないからとことんいじっちゃえ!

まったく怒らないというのはこういった上司のターゲットにされてしまうことも。

 

ポイント

いじりに対して怒りの感情が出た時に我慢はいりません!

自分が不快と思ったのなら上司にきちんと伝えましょう。

 

一回不快であったと怒っておくと上司のいじりの回数はガクっと少なくなりますので。

どんな仕事でも引き受けてしまう人

  • 頼まれごとは試されごと
  • 返事はイエスかはい

のように会社においてどんな仕事も喜んで引き受ける、というのが美学という考え方があります。

 

しかし、どんな無茶振りでキャパオーバーな仕事をずっと引き受けていくと上司の評価は上がるかもしれませんが同時に、

「こいつは仕事はなんでも嫌がらずに引き受けるからいじっても嫌がらないな」

と、いじられの標的になりやすかったりもします。

 

もちろんそのいじりも仕事として受け入れられるメンタルの持ち主ならば何も気にする必要はありません。

ちょっとでも心の負担になっている方はできない仕事はできないとはっきり言うことをオススメします。

注意ポイント

あ、常に仕事を断り続けるのは違いますよ!(笑)

人から無茶振りの仕事をゼロにしたい人はフリーランスとかが合っています^^

いじってくる上司の特徴

ここからはいじることが大好きな上司の特徴を紹介していきます。

以下のタイプに当てはまる上司がいれば身に危険が及ぶ前に距離を取りましょう。

承認欲求が強い上司

承認欲求は自己顕示欲とも言います。

難しい言葉ですね(笑)

 

要は自分のことを認めてもらいたい人

ということです。

 

自分はえらい! 素晴らしい!

周りにそう思われたくて仕方がないのです。

 

そういった承認欲求強めの上司は部下に対して、自分の方が立場が上と分からせるためにいじってくることが多いです。

 

基本的にはあまりモノを言わない部下をいじってくるパターンが多め。

簡単に言うとドラえもんのスネ夫のようなタイプの上司です(笑)

 

ポイント

承認欲求強め上司の対処方法は意見をはっきり言うです!

違うことには違うと自分の意見をはっきり言うことで変にいじってくることはなくなるでしょう。

 

こいつは歯向かってくるから立場で威張れない

そう思わせればこっちのものです!!

自分で上に意見を言えない上司

メンタルが弱くて自分の意見を上に伝えることができない上司はうさばらしで部下であるあなたをいじってくることがあります。

こちらの上司も下の立場には強いパターンですね。

 

先程の承認欲求が強い上司と同様にあなたはあなたの意見をはっきり言うことでいじりを阻止できるので対処法としては簡単。

間違っても影響されて自分まで上に意見を言えない人になるのは避けてくださいね!

会社に不満がある上司

会社に不満があり常日頃から周りに愚痴を吐いている上司もあなたをいじってくる可能性が大です。

 

しかも枕詞のように

「この会社にいても成長できない」

「ここにいるだけ時間の無駄」

と会社で働いていること自体をネタにしていじってくるので相当たちが悪いです。

 

こういった上司の特徴は目が死んでいます。光がありません(笑)

 

しかし不満を吐き出しているだけではなんにもならないのは誰でもわかりますよね?

 

その会社の愚痴を言う上司を

「あんな風にはならないぞ!」

と反面教師として見て学んでください。

 

そしていじられてきたのなら無視一択で大丈夫。

気にせずあなたの仕事に時間を割くようにしてくださいね!

これは確実にいじめ!パワハラです。

ここまでいじられやすい人といじりやすい人を紹介しましたが、そもそもいじりといじめの境界線って何なのだろうかと疑問が生まれます。

一つの基準として会社でのいじめの特徴は以下を参考にしてみてください

  • ポイント

    • 身体的なことを言われる(体型や容姿)
    • 家族や友人、人間関係に口を出される
    • 暴力をふるってくる

この3つの特徴のどれかに当てはまるようならばそれはいじめである可能性が高いです。

 

しかしこの条件に当てはまっていなくても前半で言ったように

あなたが辛い、耐えられないと感じたならばそれもいじめに当てはまります。

 

辛い気持ちを抑えずに転職や友人に相談することをオススメします!

まとめ

いじっている側は特に気にしていなくても、いじられている側は傷ついている。

そういったことが増えてきた現代ですがこの記事を最後まで読んでくれたあなたはきっと相手の気持ちを考え、いじめにつながるようなことは絶対にしない人物です。

 

逆にあなたが上司からのいじりに悩んでいる場合はこの記事が役立ってくれることを祈ります。

 

悩みをひとつでも減らして素敵なサラリーマンライフを送りましょう!

-仕事